2005年04月26日

脳内変換では?

<インタビュー>「独島対処、日本が一段上」、波紋広がせた趙英男氏
趙英男さんの産経新聞インタビュー波紋拡大

>産経新聞は24日付のインタビュー記事で、
>趙さんが独島(トクト)や教科書問題と関連、
>冷静に対処する日本が「一段上」と話したと報道した。

>趙さんはこれと関連、
>「『日本が一段上』という発言は、島根県が条例を発表するなどの方法で
>国際的に世論を賑わせ、国際裁判所まで引っ張っていって
>利得を狙う日本の巧妙な策が一段上だという意味だった。
>『神社は見学しただけ』という言葉を『神社を参拝した』と報道した」
>とし、「教科書問題に関する部分も全く言及していない」とした。



相当すると思われる記事がこれ、
Sankei Web 文化・芸能 「親日宣言」邦訳出版 韓国歌手「友好に役立てば」(04/24 10:20)

> 「どこか行きたい場所はありますか」と聞かれたチョさんは考えた。
>「川端康成の小説『雪国』の舞台…。
>いや、違う。それで、思いついたのが靖国神社だった」という。
>「えっ、靖国ですか…」。同基金の担当者は言葉を失った。
>靖国神社はチョさんの目にどう映ったか。「やられたと思った。
>『トリイ』は目立っていたが、普通の神社と変わらなかった。
>参拝をけしからんと韓国や中国が声高に叫ぶことで、
>ものすごい場所かと洗脳されていた」とチョさんは笑う。
>チョさんは
>「彼ら(日本人)は自分たちの先祖がいくらひどいことをしたとしても、
>先祖だから何があっても祀(まつ)らなければならないと言うだろうし、
>われわれは、犯罪者扱いすべきで、
>合祀(ごうし)や参拝はけしからんと言うだろうと思った」。


>「親日宣言」をしても、当然、日本のすべてを受け入れているわけではない。
>それでも、竹島問題や教科書問題で熱くなっている韓国に比べ、
>冷めた対応の日本をみると、
>「冷静に対応するなら日本の方が一段上だなと思う」という

産経が記事を書き換えた可能性もありますが、やらないでしょう。この時期に。
韓国版の記事のほうが、表現は反日っぽいですが中身はほぼ同じです。
全般はまだしも、冷静に事を進める分には日本のほうが一枚上手。
という趣旨のことを言っています。
だれかが、
冷静に対応するなら日本

冷静に対応する日本
と読み間違えたのでしょう。
親日は悪だという固定観念に囚われて。
「するなら」でも、文句いうんでしょうがね。

チョ氏は、どうなんでしょ?
批判をかわすためなのか?
まじで「するなら」と「する」すらわからん人なのか?
posted by 影鷹 at 01:17| Comment(0) | TrackBack(1) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

【韓国】 靖国「参拝」で司会降板 
Excerpt: 趙英男さんが13年間続けた番組司会を辞任 日本・産経新聞とのインタビューが波紋を広げ、非難を受けている歌手の趙英男(チョ・ヨンナム/60)さんが、13年間司会を務めてきたKBS第1テレビの『..
Weblog: アジアのトンデモ大国
Tracked: 2005-04-27 22:18
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。