2005年05月04日

運転士が救助?

共同通信 - 脱線に遭遇、救助せず出勤 JRの運転士2人

事故の列車に乗り合わせた出勤途中の運転士、
救助活動をせずに出勤したとのこと。
それの何が悪いのか?

これがレスキュー隊員なら多少の批判は問題ないとは思うが、
出勤途中というのは未だ仕事ではないだろうし、
その運転士が出勤しなかったらこまる路線だってある。
運転士が、どうやって救助を手伝うというのか?
どうがんばっても、一般市民程度の活動しか出来ないだろう。
ならば、そこで一般市民に救助の補助は任せて
運転士にしか出来ないことをすべき。ちがいますかね?

マスコミは、JR批判のための口実を追い求めすぎている。
民営化で悪くなっただの、凶悪日勤教育だの。
では、他の運転士が事故を起こしたのかと?
posted by 影鷹 at 01:36| Comment(0) | TrackBack(1) | 社会議論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3293389

この記事へのトラックバック

JR脱線事故 あえて異見を
Excerpt: 尼崎のJR福知山線の脱線事故から一週間以上が経ちました。 あまりに悲惨な事故のショックは大きく、ブログでも意識的に出来る限り他の話題を取り上げて来ましたが、色々と思うところがあり、再度発言させてもら..
Weblog: 社長の本音日記
Tracked: 2005-05-04 19:07
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。