2005年05月19日

長者

報道ステーションで、帰国事業は拉致というありがたいご発言があったそうで、
そろそろ祭りかな〜とおもいつつ、話は戻って長者番付。
サラリーマンが一位になったとのことで話題になりましたが、
個人的に成果主義と年功主義についてメモ


成果主義
(利点)
・能力を持つものに対して多額の報酬を支払えることにより、勤労意欲を増す
・能力的に不適格のものを事実上排除することができ、効率化が図れる
(欠点)
・ダイアの原石のような人材が人知れず淘汰されうる
・なんやかんやで年を重ねるごとに増える出費に対応できない
・成功するものにしても、生活が不安定になる


年功主義については、ほぼ逆のことなので割愛しますが、
ここで問いたいのは

金持ちになるメリットと、超貧乏になるリスク
どちらを捨てるか否か。

世間的にはどうか知れませんが、私は超貧乏にはなりたくないですね。
であるからして、年功主義を基本とした成果主義を押したいです。


浅い話ですみません。
posted by 影鷹 at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会議論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。