2005年06月04日

不審船

次見かけたら沈めるから。とでもいえばいいきがする。
報復もあるだろうから、こちらからの違反行為も減るだうし

とも思ったが。
相手は、中韓だからここからうちの領土だといいつつ、ようわからんところで沈められそうだ。
やはり、今回は毅然とした態度でいくべきだったのだろう。
そのためには上層部がしっかりしていかなければならないのだろう。

大昔も、
"兵士は勇猛果敢だが、士官がダメ"
といわれてましたね。それを思い出しました。

参考
NAVER - ENJOY Korea
NAVER - ENJOY Korea
Sankei Web 社会 漁船逃走、暗闇の追跡劇 海保が映像公開
これで、もういいのがれは無理でしょうね。
あとは、殴られたという正式で第三者が診断しても同じ診断書の提示をお願いします。
脳内補完診断書は受け付けませんよ。

Sankei Web 国際 警告弾発射は「過剰対応」 韓国海洋警察が批判

あなた方と仲のよいどこかの国が、工作船を送り込んでたのは気のせいでしょうか?
むしろ、警告弾だけで乗り込んでいったことに感謝すべき。
沈めてもさほど問題は無いだろう。
posted by 影鷹 at 02:25| Comment(0) | TrackBack(1) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4117078

この記事へのトラックバック

[韓国漁船]海保の対応に書面で抗議へ 韓国海洋警察庁
Excerpt: ふと考えたのですが、もし、今回の事件が全く逆の立場であったら、 日本政府はどういった態度を取っていたのでしょうか? もし、日本の漁船が韓国の排他的水域に侵入し、 違法操業らしきことをしていた..
Weblog: What's up? - FNB2005
Tracked: 2005-06-04 11:33
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。