2005年06月11日

君達、真に自分に厳しくできる人種じゃないでしょ

議員年金見直し、年内に結論=存続・廃止で与野党対立−衆院協議会

また、反対野党が文句つけてるようですが。
国に奉仕した人間にそれなりの対価を持って尽くすというのは当然
私は、今の議員の給与が著しく高いとは思わない、だからといって増やせとはいわないが。

議員年金の制度の撤廃とは聞こえがいいが、
それでお金が無いからといってせっせと癒着されても困るわけだし、
国会議員だったのに、老後は惨めな生活というのは勘弁してほしい。
そもそも、議員年金なんて高いとしてもたいした額ではないだろう。
他にもっとやることがあるはず。

もっと現実的な論議をしていただきたい。

日韓歴史共同研究委員会
韓国の工作員学者の主張がいつもどおりアレなようで。
さすがに読むには長いんで一応紹介だけしておきます。
posted by 影鷹 at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会議論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。