2005年07月02日

立花隆w

【即問】賛否分かれる靖国参拝問題、日本の価値観だけで良いのか? - nikkeibp.jp - ビジネスマンの問題意識(仕事・社会)
つっこみ先ページ
(ネタ元:mumurブログ:日経BP社 ネットアンケート結果に不満のご様子 「靖国参拝賛成派」に対して説教を垂れる

>第一に、日本の若い世代には、日本の近現代史の知識が根本的に欠けている
あなたも、1940年生まれのはずですが?
というか、「回答したい人だけが回答する調査」で回答するような人が
一通り知識を持っていないわけがない。
知れば知るほど、危機意識を持ち靖国参拝いいじゃないか
というようになっているのではないでしょうか。

>第二に、靖国に関する基礎知識に欠けている。
>靖国には本当の戦争犠牲者たち、全国の空襲で死んだ人々、ヒロシマ、ナガサキの死者、
>サイパン、沖縄で死んだ民間の人々など、ほとんどが祀られていない。

そのくらいはたいてい知っていると思いますが。
民間人としては(?)朝日の記者が祀られているそうですね。
不可視型探照灯:現代のマスコミに貶められる、靖国に合祀されている昔のマスコミ記者


>靖国と諸外国の戦没者記念碑の性格があまりにちがうため外国の公式使節は靖国にお参りしない。

そうでしょうか?
そもそも、かなりの要人が靖国参拝しているようですが?
電波Blog+(ぷらす): 靖国神社には外国人は来ないのか?
わざわざ、海外の戦没者追悼施設に公使送る国なぞないでしょう。特殊な状況でもなければ。
日本が中国の戦没者追悼施設に公使送るでしょうか?特殊な状況無しで。


>偏狭なナショナリズム
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

失礼しました。
立花隆さんて、中国あたりで新聞の記者やってる方ですか?


>このままいくと近い将来、面白くない近隣諸国に対して、
>戦争やるべしの声すら出てくるだろう。
>60年経って社会からリアルな戦争の記憶が失われ、
>歴史が与えた教訓ががかき消えようとしている。日本がもう一度大火傷するのは、
>もうそう遠くないのかもしれない。

リアルな戦争の記憶は失われて久しいのは事実ですね。
そこのあたりで、戦争世代に反論するつもりはありません。

さて、この書きっぷりはどこかで・・・・・

ゲーム脳

もう何もいうまい・・・・。
ゲームやって、命を軽くみて殺しますよ・・・・・。
(なわけないが・・・)


で、私が締めるなら(左っぽく)

今日インターネット界を中心に右翼的な思考が広まっている。
これは非常に憂慮すべきことである。
ただ、これは一般にこのような問題について関心が高まりつつあるということでもある。

これからのネット世論には、他国を思いやるような大きな度量を期待したい。
そうすれば、他国との摩擦もなくなるのではないか。

(自分で似せて書いたものの、つっこみどころ満載だ
ただ、後ろ向きではないよね。)


私もネットで右翼的すぎる言動が目立つというのは同意しますが、
著しくバランスを欠いて、かつ将来永劫不利益を被るような土下座外交
とか、
左に寄りすぎてどこの国の新聞かよくわからない新聞
よりは、はるかにましだと思いますよ。
posted by 影鷹 at 00:37| Comment(1) | TrackBack(1) | 社会議論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログ開設おめでとうございます!

アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
http://profile.zmapple.com/cgi-bin/profile.cgi
より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://profile.zmapple.com/cgi-bin/profile.cgi?mode=edit&title=%D0%3F%3F&address=http%3A%2F%2Fsociety%2Eseesaa%2Enet%2F


お問い合わせはコチラから
http://profile.zmapple.com/cgi-bin/fmail/cmfmail.cgi
Posted by みんなのプロフィール at 2005年07月08日 02:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

[日経]立花隆ってアホですか?
Excerpt:  若い頃は立花隆ってのはさまざまな分野の事柄について豊富な知識を持っているなぁって思っていたが、最近日経BPの連載「メディア ソシオ-ポリティクス」を読むとコイツは本当はアホだということがわかってくる..
Weblog: 快投乱打な雑記帳
Tracked: 2005-09-13 00:48
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。