2005年04月21日

改名強制は嘘

NAVER - ENJOY Korea
ここに記載されている通りに見ればだれでも見ることができます。
出所は、
特高月報・昭和8年11月分
特高月報・昭和10年7月分
ある意味、「日帝」の象徴のような機関の資料のようですので逆に信用性が高いかと。
これからわかること、
・いわゆる在日のようなひとでも、組合長になったり地方議員になれた。
・改名の強制は無かった(朝鮮名で記載)

どう返すのでしょう>朝鮮
posted by 影鷹 at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月20日

Kumdo

mumurブログ:剣道が国際化へ 剣道=韓国起源説に死刑宣告
YOMIURI ON-LINE /剣道が国際団体に加盟申請、認可へ
Kumdoコミュニティ
>剣道の宗主国はどこか?についての話は、とても難しくて敏感な懸案ですが、
>重要なことは刀を使う文化は石器時代から今日に至るまで、
>どの国にも存在したものであり、
>これをある特定国家の専有物と見なすのは難しいということです。
>したがって、「日本のものか?! 韓国のものか?!」という話自体が、
>今日では取るに足らない話だと言えます。

そのわりには、ウリナラ起源と喚きたてているようですが。

>しかし、敢えて突き詰めてみるとすれば、日本文化の多くの部分が百済から流入し、
>刀もまた百済から日本に伝わったと日本人自身が話しているので、
>剣法もまた当然そのようなルートを通じたと思います。
(中略)
>刀と武士が移動すれば、当然剣術も共に移動することになるのです。
(中略)
>ただ、この剣道をさらに発展させ、
>また理論的な面や競技力の面で日本を凌駕する実力を備えて行くことが、
>我々のなすべきことだと思います。
>それが真の宗主国の地位を取り戻すことだと思います。

百済→日本という流れで、刀と武士が流れたのだから宗主国は韓国だ!
という主張ですが、

では、韓国の刀は独自の技術だったのですか?
体系化、ルール制定などを行ってきたのですか?


一般に、スポーツの起源国というのは
体系化、ルールなどの制定、かつそれを広めた国です。
そうでなければ、日本の蹴鞠がサッカーの起源だという主張も罷り通ってしまいますね。
正直、体系化させたもの勝ちなんですよ。
サッカーだったら笑われて終わりだけど剣道だとそうじゃないのが、ね。


そもそも、Kumdoは刀を片手で持つそうです。
要は、違うものだということ。
剣道は日本起源、Kumdoは韓国起源というのでいいんじゃないですか?
ただ、剣道は韓国起源という動きには反論していくべきですね。

The History of Kumdo
これみりゃどう考えてもおかしいというのははっきりしているでしょう。
>約2000年前の三国時代は、
>高句麗(Koguryo)・百済(Paekche)・新羅(Shilla )がお互いに、
>および中国の漢(Han)とで東アジアの覇権を求めて闘争状態にあった争い
>の時代と記録されている。

こんなこといってて、宗主国様に怒られないのかしら?
posted by 影鷹 at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日帝

Chosunilbo :親日財産還収法、成立は時間の問題
Chosunilbo :「反民族行為真相究明法」が可決

これらの法律が、
彼らがいう日帝の所業とさほど変わらないのはどういうことだろう?
これらを、見ているとこのような発想の豊かな韓国人が
日帝の所業を捏造したと思われてならないのだが?
posted by 影鷹 at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月19日

文化大革命前夜?の韓国

Japanese JoongAngIlbo
こんあことを乗せるレベルの文化だということです。
感情的にしかも口汚くそして暴力的な中国、韓国
あくまで理性的に、これは国家の主権の問題だとか語って対話や謝罪を求める日本
どちらのほうが、文化文明的に進んでいるのかおのずとわかってくるでしょう。

無知なまま、論理的に考えようとも、
対話しようともせず数の暴力で圧してしまう行為断じて許せません。


>日本右翼の偏狭で前時代的な歴史記述は立つ場所を失うはずだ。
>日本の右翼が韓流に熱狂する日本女性や若者を見て危機意識を感じるのを見ると、
>歴史的真実は明確にわれわれの方である。

笑止
情報があまりに少なくてステレオタイプな主張しかしない国はどこですか?

韓国

アメリカで公開された「シルミド」を見てたのはだれですか?

韓国系米国人(ここで自白してます)

韓流に熱狂しているのは誰ですか?

電通とキチガイばばぁ(失礼!)と在日韓国人


で、私たちが危機意識感じるとなんで歴史的真実はあなたがたにあるのでしょうか?
人間に理解できるように説明してください
そもそも、危機感なんて感じてませんが。
ただ、バカだなぁと思ってるだけですが。
だからといって、韓国文化を全否定はしませんよ。あなたがたと同レベルじゃないですからね。
posted by 影鷹 at 01:49| Comment(0) | TrackBack(1) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月05日

なんでも政治利用

Chosunilbo (Japanese Edition) :日本の右翼、相次いで無意味なことを

無意味といいつつわざわざ載せてくださって気にしてるのね。
ありがとうございます。
哀悼表明するのは自由だし、番組上わざわざ言うことでもないのはわかるよね?


Chosunilbo (Japanese Edition) :【ローマ法王死去】2度の訪韓 ハンセン病患者とも交流
ヨハネ・パウロ2世は在任中、故朴石熙(パク・ソッキ)司教(元安東(アンドン)教区長)など合わせて22人の韓国人司教を任命、現在、韓国カトリック教では20人が司教として活動している。しかし枢機卿が任命されなかった点については現在までも残念に思われている。


あんたらは、教皇の死を悼んでるのかね?
政治利用してないか?
asahi.com: 物理学者、竹島に悩む 世界物理年の行事で思わぬ難題 - サイエンス
posted by 影鷹 at 02:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月02日

日本は広いんですが、何か?

世界トップクラスの兵器体系 日本軍事力の実態

>日本の自衛隊は名前が自衛隊であるだけで、既に日本本土はもちろん、周辺国まで影響力を行使できる力を持っているというのが定説。

脳内定説。

>外形上、自衛隊の総兵力は24万人と、韓国軍(約68万人)の約3分の1に過ぎない。
>しかし将校や副士官など、職業軍人の比重が高く、有事の際には比較的簡単に兵力を増やすことができる。

頭数そろえたって、武器すら扱えなかったら足手まといじゃないんですか?
最新鋭の電子機器を搭載しているような兵器や、戦闘機の如きは扱うことすらできないはず。
そういう意味で即応性が低く、もしもの場合水際で止められるのか?

それともうひとつ。
人口が多う、かつ国土面積も広いので兵数が多少多くても問題ないのでは?

>防衛費はGDP(国内総生産)の1%水準だが、金額的には395億ドル(2002年基準)と韓国(131億ドル)の3倍におよぶ。

確かに、(比較するなら)GDP比ではなく金額で比較すべきですが、ここにかかる費用を考慮し、比較すべきです。
残念ながら手元にデータはありませんが韓国のほうが3割程度安いとか・・・
割合詳しく説明されているサイトを見つけたので紹介しておきます。
Japanese Military Affair FAQ

>兵器体系の質的側面を見ると世界でもトップクラスだ。特に、情報収集分野および空軍力の増強は注目に値する。
>日本は1998年、北朝鮮のテポドン1号の発射実験にかこつけ、北朝鮮をはじめ韓半島全域、中国などを綿密に監視できる偵察衛星4機を既に発射したか、する予定だ。

>専門家らは、このような先端兵器の開発、保有が単純な防御用、自衛手段にとどまらず、平和憲法改正、新防衛計画大綱などと相まって周辺国を脅かす攻撃手段となりうる点に注目すべきだと指摘している。

これが専門家が本気でいったのでしょうか?
質が高くても量が少なかければどうなんでしょうかね?
質が高いからといって、マシンガンと弓まで違わないわけですし、
兵員が少ない以上、この能力を高める方向にしていかなければ防衛すらできません。

結局は、

<丶`∀´> 日本は軍備を解除するニダ!

という、火病丸出しの妄言。

その意図に、はっきり答えておく。

そんなのムリポ!

参考元
日本財団図書館(電子図書館) 私はこう考える【自衛隊について】
Japanese Military Affair FAQ
政治・コスト削減で3原則放棄?自衛隊兵器の「お値段」は
北朝鮮・韓国・(日本)のデータ
posted by 影鷹 at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。